旅立ちから1年〜1年間の旅費大公開!!〜

2019年6月1日から世界一周親子旅を始めて1年が経ちましたー!!!

アラスカでTOYOTAタンドラにキャンパーを乗せ、キャンピングカーの旅が始まり、アラスカ・カナダ・アメリカ本土・メキシコ・グアテマラと総走行距離約16,000kmを走り抜けてきました!!国土が広大な国ばかりだったので、1年でまだ4カ国(笑)そして予期せぬコロナウィルスによる足止め…。アンティグアでの自粛生活も3ヶ月が過ぎてしまいました。ここ数日グアテマラは、数百人単位で感染者が増えており、外出規制も強まり収束の兆しはまったく見えません。

2019年9月アラスカから
キャンピングカー旅スタート

家族で世界一周するという大きな一歩を踏み出したことで、数え切れないほどの出会いや出来事がありました。子どもを連れてキャンピングカーで旅する欧米人家族、異国で逞しく生きる日本人、バックパッカーやOverlanderとの出会い。魅力満載だった国々。多様な価値観・リアルな世界に触れることで、今までの思い込みや常識が徐々に取り払われ、自分の思考の幅も広がっていきました。

メキシコ・サンクリでの素敵な出会い♡
フランス人家族と
アティトラン湖で再会

24時間家族と一緒だったことで、家族そして自分自身にとことん向き合うこともできました。1年目は慣れないキャンピングカー旅で、夫婦喧嘩も絶えず息子たちにイライラすることも多くありました。1年経ち徐々に旅慣れてきて、息子たちも成長し、できることも増えてきたので、2年目はもう少し肩の力を抜いて旅ができるかなと感じています。旅すればするほど世界の面白さにハマっていく自分に驚いています。やっと楽しめるようになってきた矢先での足止め…旅の再開を切に願う毎日です。

父が亡くなって2年

2018年5月15日父が亡くなってから2年。5年に渡る闘病がつい最近のことのように蘇ってきます。本来であれば、今年は3回忌の予定でしたが、緊急事態宣言が出され、他県移動が自粛となっていたため、遠方にいる姉や親戚も集まることができず、3回忌を断念せざるを得ませんでした。私自身も、お墓の前で手を合わせられなかったことに、申し訳ない気持ちは拭えませんが、日々思い出すことが一番の供養。育ててくれた父・母に感謝して、ナンバープレート515と共に旅を続けたいと思います。

見守ってくれてありがとう
1年間の旅費+トラキャン購入費大公開!!

最初に旅費総額を発表します!

1年間家族4人で…

約360万円でした!!1人90万円。

想像していた以上に出費していました…!本当はもっと抑えられたのですが、予想外の一時帰国、キャンパーに必要な生活道具一式・自転車購入等の出費が嵩んだのが大きな要因だと思います。

続きましてトラキャン購入費。

TOYOTAタンドラ2010年製、走行距離約13万km:US 19,000ドル(約209万円)※値下げ交渉してUS1,000ドル下げてもらいました。タイヤはほぼ新品。

Cashe Camper社のキャンパー2016年製:US10,000ドル(約110万円)※値下げ不可

アンカー取付、サスペンション強化、ルーフラック・はしご取り付け:Total約35万円

トラキャン購入費:Totalで約354万円

1年間の旅費と合わせたら714万円!!!決してセレブ旅しているわけではないですが、総額でみると大金ですね…年式浅めの方が、故障のリスクも少ないこと、旅終盤にトラキャンを売却することも可能なため(資金に余裕があれば日本に持って帰りたいですが)、私たちは状態の良い車とキャンパーを選びました。

↓詳しくはこちら

念願のキャンピングカー購入!〜購入までの長い道のり〜

2019年10月3日

もし世界一周航空券を使っていたら、家族4人1年間で150〜200万円。就航都市に入っていない場所は、別途航空券代がかかったり、空港から移動するにも交通費が必要になります。今後、数年旅することを考えると、キャンピングカーを購入しても十分元が取れると思います。何より子供2人を連れて重い荷物を運ぶ必要が無く、自由に行きたい場所に行けて、自炊もでき、いつでも寝られる場所があるというのは、何ものにも変えがたい時間・価値があると思います。

旅費内訳

日本の生活費と比較しつつ、詳しく説明したいと思います。

  • 食費

1ヶ月平均約40,000円(日本では約50,000円)

workaway滞在中は、ほとんど食費はかかっていないので、キャンピングカー旅していた9ヶ月間の平均額(お酒・お菓子込み)です。メキシコでは、外食もしていましたが、他はほぼ自炊して節約していました。日本で使っていた食費より10,000円程安く済みました。自炊は、節約できるし健康的だし、息子たちも喜ぶしと良いことづくめ。しかもキャンピングカーなら、その国ならではの食材を調達して、周りを気にせず、絶景の場所でのんびりと食事を楽しめます。

キャンパーのキッチン
この日はビーチでタコスランチ
  • 宿泊費

1ヶ月平均約24,000円(日本では住宅ローン1ヶ月10万円)

宿泊場所は、キャンプ場・ホテル・日本人宿・スーパーやガソリンスタンドの駐車場・湖畔・ビーチ等の野営…と様々な場所に泊まりました。アメリカ・カナダは、3ヶ月半のworkaway利用、無料の車中泊場所や友人宅に宿泊していたため費用はかかりませんでした。物価の高い国で支出を抑えられたのは良かったと思います。日本と比較すると、すごい金額の差!宿泊費を抑えられるのもキャンピングカーの魅力です。日本では1ヶ月10万円の住宅ローン、年2回のボーナス払い、さらに固定資産税もあったので、今考えると住宅にかける支出の割合が高かったと感じます…

スーパーの駐車場で一泊
バハカリフォルニアのビーチ
無料しかも貸切ww
  • ガソリン代

1ヶ月平均約43,000円(日本では約15,000円)

総走行距離16,000km(日本の本州5往復以上)を走ってきたため、ガソリン代は結構かかりました。ちなみに訪れた4ヶ国の中では、グアテマラが一番安くガソリン1ℓ 90円前後。現在は、コロナの影響で価格が1ℓ 67円ほどまで下がっています。州によっても差はありますが、アメリカ・カナダ・メキシコのガソリン価格は概ね1ℓ 100〜110円でした。他にメキシコは、高速道路が有料のため、地味に費用が嵩みました。

  • その他

海外旅行保険:東京海上日動 家族4人1年間 75万円

保険を使ったのは、たった1度だけww次男が腕を打撲し、翌朝になっても痛みが引かなかったので病院に行きましたが、骨折等異常なしで一安心。受診+レントゲンで約10,000円。安心料ともしもの時に備えるとは言え、旅費に占める保険の割合は高額です。何も無かったということは良いことですが…。

受診後、アメをもらいご機嫌な次男
痛みはどこへやら〜ww

航空券代:68万円(成田→バンクーバー、バンクーバー→アラスカ、シアトル⇄成田)

車の保険:1年間 83,000円

車のオイル交換2回・フィルター交換1回:30,000円

他日用品代・通信費・学費・自転車購入費・雑費等が含まれます。総額で約360万円となりました。日本で1年間かかっていた金額を計算してみたら、約350万円!!旅費とほぼ変わらない金額(笑)この振り返りを踏まえ、2年目はもっと節約しつつ、キャンピングカーならではの旅を楽しみたいと思います。

金額的にはほぼ同額でしたが、旅した1年間すべての時間を自分たちのやりたいことに使い、行きたい場所に行き、数えきれないほどの出会いに恵まれたことを考えると、過ごした時間の質は日本とは比べ物にならないくらい充実した時間でした。世界一周に踏み出して本当に良かったと感じているし、全く後悔はないです。高いか安いかは人によって様々だと思いますが、キャンピングカー旅・親子旅したい方の参考になれば幸いです。

2年目は、親子旅そしてリアルな世界を皆さんに届けるため、動画配信にもっと力を入れていきたいと思っています。ぜひチャンネル登録していただけたら嬉しいです。

1年間の軌跡をYouTubeに載せました。思い出の曲モンキーマジックの『ただありがとう』にのせて。引き続き応援よろしくお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

2 件のコメント

  • 日本は、6月1日21時過ぎました
    1年を振り返り、家族全員が逞しくなったなと感じています
    アラスカ”515”が”いつも近くで見守ってくれています
    2年目に慣れないで、安全第一で楽しんでね

    • 1年間温かい応援ありがとうございます!コメントがブログを頑張る励みになっていました。
      家族皆元気にこの日を迎えられて本当に良かったです。中南米は感染者が増えていて、収束の兆しが見えませんが、旅の再開を願いつつ、今できることに目を向けていきたいと思います。引き続きお身体には気を付けて前向きに過ごしていきましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です