キャンピングカー旅スタート!〜1週間で5,000km走破〜

いよいよ待ちに待った出発の日。

9月24日アラスカ・タルキートナからキャンピングカーで世界一周の旅がスタート!!できる限り陸路で、難しい場所は船での輸送も視野に入れつつ南米チリを目指します。世界一周の旅の予定は改めてアップしたいと思います♪

出発前に洗車
旅の最強のお供!
お世話になったRandy’sカーも
入念に掃除

TUNDRA後部座席の窓とキャンパーベッド下の窓が見事に一致し、網戸を切って“秘密の窓“を開通!息子たち以上にテンション上がる夫(笑)窓が小さいので、子どもしか通れませんが、靴を履いてわざわざ外に出なくても自由に行き来できます♪トラックとキャンパーをウォークスルーできないのが、トラキャンのデメリットですが、それも解消!?

秘密の窓開通〜♪

ベンチシートなので、息子たちが前に座ることも可能。長距離移動なので、ドライブの時間も楽しまねば!

うきうき〜♪

アラスカからアラスカハイウェイを使い、まずはカナダのバンクーバーまで向かいます。アラスカハイウェイとは、アラスカのデルタ・ジャンクションからカナダのユーコン準州を通り、ブリティッシュコロンビア州のドーソンクリークに至る道路のこと。バンクーバー日本領事館に行く用事があり、1週間で大移動することに。総走行距離はなんと5,000km!!今回はアラスカ〜カナダ縦断をギュッとまとめてお伝えします。

↓カナダ縦断の経路

世界各国で記念にステッカーを買い、キャンパーに貼ることにしました♪まずは出発地・アラスカから!少しずつ増えていくのが楽しみ〜♡

くまさんステッカーが
お気に入り♡

アラスカのビジターセンターで可愛い絵本に一目惚れ♡アラスカのお土産が買えるのもここが最後!

楽しく英語が覚えられるかな?

初めて陸路での国境越え。アメリカ側での検問はなく、国境を過ぎユーコン準州に入って約30kmほど過ぎた場所にカナダの検問所がありました。検問所は国境付近にあると思いきや意外に遠くてビックリ!入国の目的や期間・滞在場所・資金がどのくらいあるかなどを聞かれました。

カナダの国境検問所

無事にカナダ入国!ユーコン準州は、カナダ北西部に位置し、雄大な自然とイエローナイフに次ぐオーロラ観賞地としても知られています。天気に恵まれず、曇り空でしたが、息を飲む大自然が延々と広がっていました。怖さを感じるほどの深い自然を感じたのは初めてです。雪に降られたり、気温が0℃まで下がったりなどユーコンの厳しい自然と気候。こんな場所で故障したら、シャレにならない…

曇り空でも素晴らしい紅葉と山々

やっと見えた青空。路面には雪が。

車もいい感じに汚れてきた!

ユーコン準州の州都・ホワイトホースに到着。偶然にもデナリ国立公園で出会ったブラジル人ファミリーと再会。一晩スーパーの駐車場に並んで宿泊することに(笑)スーパーの駐車場はよく車中泊場所として利用しています。今回は、Superstoreに宿泊。他にはWalmartの駐車場も無料の車中泊場所として有名。食材も買い足せるし、トイレや水もあるのでとても便利です!

↓ブラジル人ファミリーとの出会いはこちら

デナリ国立公園・バックカントリーバスツアー

2019年9月24日
この日のお宿
スーパーの駐車場ww
昼はサンドイッチが定番

タルキートナで知り合ったホワイトホース在住のKくんに再会。タルキートナで出会った日本人は後にも先にも彼一人だけ!普段はネイチャーガイドとして旅行会社で働き、野生動物を撮影する写真家としても活躍しています。ユーコンの大自然に魅せられこの地に移り住み、自分の夢に向かって真っ直ぐ突き進む姿は、27歳とは思えないほどの信念と熱量を感じました。

Kくんのwebページはこちら

素晴らしいオーロラと野生動物の
写真を見せていただきました

シャワーを借りるために立ち寄ったスポーツセンターで。

カナダの国技・アイスホッケー

ユーコン準州最南端にあるWatson lake。ここには、アラスカハイウェイのランドマークとして有名な『Sign Post Forest』という場所があります。世界中から集められた標識がなんと80,000個以上!

ユーコン準州を離れ、ブリテッシュコロンビア州へ。KくんにおすすめされたLiard River Hot Springsに立ち寄ることに。木道を歩き、温泉まで向かいます。

温泉へ繋がる木道
ここだけでも歩く価値あり!

大自然に囲まれた大きな露天風呂。本当に素晴らしかった!!ここの温泉は、熱湯が湧く源泉に、川の水を引き込み温泉にしています。家族4人で830円(C $10)とリーズナブル。海外生活だと、なかなか湯船に浸かることがないので最高でしたっ!人生史上最高の温泉♡

綺麗な景色に立ち寄りながらひた走る。信号もほとんどないので、時速100km走行が基本。

1日6〜7時間の長時間ドライブ。そのうち私は、1〜2時間ほど運転を担当。夫は気が気じゃないようです…よく夫のヤジが飛んできます(笑)

キッチンで使う水を補給中。タンクは約40リットル入ります。水やガソリンも早め早めが大切!

自由気ままなキャンピングカー旅。陸路でなかったら見られなかった景色・場所が沢山あります。到着してテント設営の手間もないし、駐車場1台分のスペースさえあれば、世界中のあらゆる場所が宿泊場所になります。カナダ縦断で車中泊した場所は、道路脇のレストエリアやキャンプ場・ガソリンスタンド・スーパー・湖沿いなど様々でしたが、すべて無料でした。もちろん停める場所はどこでもいいわけではなく、周辺の環境を良く見た上で選ぶ必要があります。

バンライファーであれば、知らない人はいないと言われている超便利なアプリ・ioverlanderとwifiなしでも使える地図アプリ・MAPS.MEを見ながら車中泊場所を探しました。MAPS.MEは、事前に行くエリアのマップをダウンロードしておけば、wifiがなくても地図を見ることができます。ioverlanderは、キャンプ場や野営地・ガソリンスタンド・ビジターセンター・ランドリー・スーパーなど実際にその場所を訪れた人のレビューと場所がシェアされています。どちらも大変便利です♪海外でキャンピングカー旅を考えている方は、必須のアプリです。

オーロラを見たMuncho Lake
レイクビューがこの日のお宿

2日間連続でオーロラ観賞♪アラスカでも何度かオーロラを見るために夜中起きて見に行きましたが残念ながら見られなかったので、カナダでやっと念願が叶いました。最初は、白い雲のようなすじが現れ始め、ゆらゆらとダンスするように景色が変わっていきます。

大自然の神秘・オーロラ。しばし言葉を失いました。湖沿いに車を停めたため、湖面にうっすら映るオーロラも楽しむことができました。息子たちも『うわぁ〜オーロラだぁ♪』と喜びの声。

湖を覆うようにオーロラが!息子たちと感動を共有することができたのも嬉しく、最高のひと時でした。

詳しく知りたい方はこちら!オーロラはどうしてできるの?

ドライブの道中、グリズリーやバイソンの群れにも遭遇。

写真には収められませんでしたが、20〜30頭ほどのバイソンの群れでした。

バイソンの群れ

バンクーバーまであと少し。

バンクーバーまで1時間半のHarrison Hot Springsで一泊。またしても温泉を楽しみました。

アラスカからカナダ・バンクーバーまで素晴らしい大自然を走り抜けた1週間。夜間運転することもしばしばで、総走行距離5,000km。正直キツかった…。もっとゆっくり滞在したかったけど仕方ない。

ついにバンクーバー日本領事館に到着。久しぶりの大きな街。キャンピングカーは一台も走っておらず違和感しかない(笑)

街には似合わないトラキャン
完全に浮いていた(笑)
カナダ縦断にかかった費用は?(9月24日〜10月2日)

ガソリン代:約79,160円

プロパンガス代:約3,230円

食費:約20,890円

日用品代(キッチン用品など):約33,640円 ※キッチン用品を購入したため、高くなっています。

雑費(お土産代・温泉使用料など):約5,750円

トータル 142,670円

アメリカドル110円、カナダドル83円で計算しています。

滞在費は0円のため、半分はガソリン代です。食費は1日あたり約2,600円。カナダ縦断中はすべて自炊していました。

バンクーバーでの用事を済ませ、再びアメリカへ入国!次回もお楽しみに♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

2 件のコメント

  • 無事に旅が再開した様で何よりです♪

    思いがけない帰国で戸惑っていた様子だったけど、
    日本にいる家族や友人は、元気な姿の4人に会えた事、順調な旅の様子を生で聞けた事、わが家を始め皆とっても嬉しかった事と思います!

    日本滞在の貴重な時間、会いに来てくれてありがとうね♪
    引き続き、世界一周の旅を楽しんでねー!

    • ひろこちゃんコメントいただきありがとうございます♬いつ行っても温かく迎えていただき改めてKWN家には感謝です(涙)毎度夫の寝落ちすみませんwwこちらこそ忙しい中時間を作っていただきありがとうございました♡健康第一で旅を続けていきたいと思います(^^)また会える日を楽しみにしています♬

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です