バンクーバー島での生活もあと4日!

6月からスタートしたカナダ・バンクーバー島でのworkawayも残すところあと4日となりました!バンクーバー島でキャンピングカーを手に入れ、アラスカへ陸路で北上する予定でしたが、自宅に未だ買い手がつかず、資金が足りないため、バンクーバー島で買うのを泣く泣く断念することにしました。

約2ヶ月間キャンピングカーを探しにあちこち見に回ったり、Chrisに遠い町のカーショップまで乗せて行ってもらったり、車選びの相談にも何度も乗ってもらいました。バンクーバー島は、電車はなく、バスはあっても1日に数本程度。自然豊かで素敵な場所ですが、車がないと不便な場所です。限られた移動手段の中での、キャンピングカー探しは、とにかく大変でした…残念ですが、気持ちを切り替え、次なる目的地アラスカへ移動することにしました。残りわずかとなったバンクーバー島での生活を楽しみたいと思います。

毎日夏真っ盛りのバンクーバー島。お手伝いを早めに切り上げ、ホストファミリーと一緒にBright Angel Parkへ。着いたのは15時頃でしたが、夜も明るいので、思う存分川遊びを楽しめました♪

川沿いにあった倒木がジャンプ台に早変わり(笑)木が歩くたびにしなり、スリル満点!最初は乗り気でなかったRくんですが、夫がジャンプする姿を見て、火がついたようで長男Joshと競い合いながら何度もジャンプしていました。この日を境に2人の仲がグッと深まった気がします。

満面の笑み!
ズームしたら写りが悪くて
ごめんなさい(笑)
みんなで焚き火!
子どもたちはマシュマロに夢中(笑)

週末は、ブリティッシュコロンビア州の州都・ビクトリアへ。カナダはイギリスの植民地だった影響もあり、英国情緒漂う町並み。どこに行っても綺麗に整備されていて気持ちよく、花が咲き乱れる美しい町でした。

ハーバーから見える議事堂
議事堂前の芝生で
一休み♪
撮らずにはいられなかった(笑)

水上タクシーでFisherman’s Wharfへ。ハーバーから10分ほどと近く気軽に行くことができます。カラフルな水上の家が観光名所となっており、名物のフィッシュ&チップスや可愛いお土産さんがあったり、カニやアザラシなども見ることができます。息子たちは、綺麗な景色よりもカニを見つけることとアイスに夢中でした(笑)

私たちが乗った水上タクシー

大きな作業はすべて終わり、穏やかな日々。ルーティンの水やりや鶏小屋掃除などをRくんとお手伝い。

途中から「やりたい〜!」と飛び入り参加した息子たち。

鶏のいる生活にも慣れました!
ルンルンで歩く次男〜(笑)
愛車で徘徊〜(笑)
お手伝いお疲れ様♪

7月24日は私の35歳の誕生日でした。Chrisの提案で、皆で湖に遊びに行ってきました!

誕生日のディナーは、私の好きなものを作ってくれることになり、メキシカンフード・ファヒータをリクエストしました!Angelaが滞在中何度か作ってくれた私のお気に入りのメニューです♪

トルティーヤにグリルした
鶏肉・野菜・サルサソース・ワカモレ・チーズ
などを挟んで食べます♪

Angelaが手作りケーキを作ってくれ、夫からはシャンパンのお祝い♡Avery・Emilyからは可愛いお手紙ももらいました。全員でハッピーバースデーの歌を歌ってくれ、心温まる一日。

初めて海外で迎えた誕生日。世界一周の最初の地で迎えた忘れられない誕生日となりました。まさか1年前は、バンクーバー島で過ごしているなんて全く想像していませんでしたが、思い切って踏み出して本当に良かったです。

すべては選択の連続で、今この瞬間があるんだなと感じます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

5 件のコメント

  • こんにちは。別postではありがとうございました。我が家の短い旅のはじまりまで一週間を切りました!どうやら入れ替わり?みたいでなんとなく残念な感じです。この先の冒険も楽しみにしています(^O^)

    • コメントいただきありがとうございます!いよいよなんですね♪バンクーバー島は暑いですが、毎日晴れていて最高ですよ!素敵な旅になりますように♡いつも応援していただきありがとうございます(^^)

  • 遅ればせながら御誕生日おめでとうございます
    まさかカナダで迎える事になるとはねw
    たくさん写真ありがとうございます
    毎日こんなに笑顔になれること日本ではないですねえ
    本来家族がいて、食べ物があって、ゆっくり会話を楽しむ
    それだけで生活って楽しいもんなんですよね

    • お祝いのお言葉ありがとうございます!いつも応援していただき有り難いです。家族が健康で楽しく過ごせることが一番の幸せです♡こんなに家族と一緒にいるなんて日本ではないことですね。より一層絆が深まりそうです。

  • 1年前はこんな未来を全く想像していませんでした。誰と出会い、何をするかで過ごす時間は大きく変わりますね。日本は日々悩み苦しんでる人があまりにも多い気がします。与えられ過ぎという意識もなく…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です