第1カ国目カナダ・バンクーバー島へ

ついに始まった親子世界一周の旅。さて気持ちも晴れやかに出発と思っていた矢先、成田空港のチェックインカウンターで衝撃的な事実が発覚!2016年3月より、カナダに6ヶ月以内の滞在をする場合は、ETA(電子渡航認証)を事前にオンラインで申請しなければいけないとのこと!!インターネットで渡航認証は必要ないと確認したはずが、見た情報が古かったようで…完全に私のお粗末なミス(泣)テンパりながらもなんとか申請が間に合い、駆け足で搭乗10分前に飛行機に乗り込みましたー(汗)初日からハプニングで先が思いやられる…

カナダに渡航の際は、ETA申請をお忘れなく!!

https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/visit-canada/eta/apply-ja.html

サプライズで親友家族が見送りに。
後方で夫がETA申請中(笑)
本当間に合って良かったです!

息子たちにとっては初めての飛行機。飛行機に乗るのをとても楽しみにしていました。

疲れたようでまさかの離陸前に寝落ち。
この後、2時間半熟睡しました(笑)
長男は、機内でもらったシールのパズルに夢中!
他にはトイストーリーを繰り返し見て過ごしました(笑)
空から見えるカナダの山々。
ついにやってきたぞ〜!
ワクワクは最高潮♪♪

無事にカナダ・バンクーバー国際空港に到着!直行便が高かったため、今回は中国経由の便を選択。トータル15時間程のフライト。やはり子連れで長時間のフライトはキツい…荷物を受け取り、泊まるホテルへタクシーで移動。バンクーバーは、エリアでタクシーの価格が決められているので、安心してタクシーを利用できました。

ホテルは、毎回booking.comで予約しています。サイトやアプリがとても使いやすいので、おすすめです。ホテル探しやホスト探しは毎回私の役目。夫は、現地で臨機応変に力を発揮するタイプ。持ちつ持たれついいバランスで役割分担しています。今回は、バンクーバー到着が18時半と遅かったため、空港から5kmの場所を予約しました。

↓下記のリンクを使って予約すると、¥2,000割引の特典をゲットできます。ホテルを探している方は、ぜひご利用ください♪

https://www.booking.com/s/32_8/59060b8d

ホテルに一泊し、翌日バンクーバー島へと向かうため、タクシーで移動。BCフェリー乗り場(Tsawwassen)に到着。バンクーバー島のSwartz Bayまで1時間半の船旅。

TsawwassenからSwartz Bayまで大人1人17.20CAD(カナダドル)、燃油サーチャージ0.50CAD、5歳以下は無料でした。

BCフェリーの予約はこちら

長男の旅のお供として、ウクレレ持参
家族揃って大好きな鎌倉ローカルユニット:小川コータ&とまそんの歌を熱唱♪
世界各国で外国人から教えてもらえたらいいな!
フェリー内のキッズスペース

バンクーバー島に到着し、ホストのAngelaが港まで車で迎えに来てくれました。ホストに挨拶する前に、次男まさかの寝落ちパート2!!初対面のホストに抱っこされ、車に乗り込みました〜(笑)子どもたちにプレゼントも用意してくれていて、初日から温かく迎えていただきました。

Swartz Bayからホスト先があるCowichan Valleyまで車で約1時間。

信じられないくらいの広大な敷地に建つ築100年の古民家。世界一周の第1カ国目で理想とする暮らしに出会うとは!?次回からは、バンクーバー島でのworkawayライフを詳しくお伝えしていきます。お楽しみに!

築100年の古民家!
素敵すぎる♡

最後までお読みいただきありがとうございました!

4 件のコメント

  • 初めまして!インスタからコメントしたものです(^O^)オーストラリアもETAがいりますよね!カナダもなんだ
    初歩的な質問で申し訳ないのですが
    こういうブログやインスタの更新は海外用のSIMを現地で購入しているんですかね?

    • コメントいただきありがとうございます!ブログ更新は、ホスト先のwifiを使わせてもらったり、Glocal meというポータブルwifiを使っています!通信状態はまちまちですが、ホスト先で使わせてもらえるのは有難いです。

  • 素適なお屋敷ですね
    あちらの方はガーデニング好きな人おおいんでしょうかね
    美しい庭があちこちにありますね
    煙突が見えますが暖炉があるのでしょうか
    冬の寒い日に暖炉の炎を見ながらお酒
    憧れます

  • タニシさん、コメントありがとうございます。ガーデニング好きな人多いですよね☆育つ環境なのか、文化的な背景なのか、日本人の感覚とは少し違う感じがします。

    室内に立派な暖炉が一つあります。それ一つで家全体が暖まるくらい立派な暖炉です。暖炉・薪ストーブがある家、憧れますね〜♪♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です