バハカリフォルニアでワイルドキャンピング

メキシコ入国を終え、バハカルフォルニアをトラキャンで南下中の我が家。RVパークに立ち寄りながら、フェリー乗り場があるLa Pazを目指します。

早速メキシコの洗礼を受ける!!
リバーサイドのRVパーク

メキシコ入りして4日目。覚悟していた事態が…

そう!下痢です(笑)!!息子2人同時に、下痢が始まり、時間差で私までも(泣)水下痢で、トイレから離れられず…。長男に至っては、発熱と間欠的に腹痛もあり、様子を見ていたところ、幸い1週間後には全員回復しました。飲料水は買っていましたが、お皿や野菜を洗う際は、水道水を使っていたし、外食もしていたので、おそらく水道水が原因。今回は病院に行きませんでしたが、便の回数や子どもの様子をメモしたり、便の写真を撮るようにしていました。いざ病院に行こうとなった時に、意外と細かい記憶は忘れてしまうし、写真があったほうが伝えやすいので。夫のみどこ吹く風 ww 本人曰く絶好”腸”!

見るからに辛そう…

食欲がない時は、日本から持ってきた粉末で作るスポーツドリンクを飲ませたり、りんごを食べさせたり。スポーツドリンクは、糖分が多く入っているので、一番良いのは経口補水液。なければ簡単に手作りできます♪長男が青空自主保育に行っていた時、暑い夏の日などに手作りしてお山へ持っていっていました。もし良かったら試してみてください(下記参照)。また、りんごにはペクチンという水溶性食物繊維が多く含まれており、整腸作用があるため、下痢にも便秘にも効くのでおすすめです。ペクチンは、皮に多く含まれているので、皮ごとすり下ろすか輪切りにして食べると食べやすいです。

レシピはこちら→もしもの時に 手作り経口補水液作り方

メキシコでは、野菜を消毒液に漬ける

私も最初は知らずに、野菜を水道水で洗い食べていましたが、知人から野菜の消毒液を勧められ、使ってみることに。メキシコは、土壌が悪く、土に寄生虫が付いていることがあるそう。それからは、葉物や皮を剥かないで食べる野菜は消毒することにしました。水に数滴の消毒液を入れて、15分ほど放置。そのまま食べても問題ないそうですが、念のため飲料水で洗ってから食べています。消毒液は、スーパーの野菜コーナーの脇に置いてあります。メキシコで自炊される方は、ぜひ試してみてください!

ひと手間が面倒だけど仕方ない
古い歴史を感じる街・Loretoを散策♪

バハカリフォルニア・スル州にあるLoretoは、バハの中で最も古い歴史を持つ場所で、古い建築物も多く残されています。レストラン・カフェ・雑貨屋さんもあり、可愛らしい街並みは歩いているだけで楽しくなります。

ツリーアーチ♪

可愛い雑貨屋さん♡まだまだ旅は長いので、買いたい気持ちをグッとこらえねば(笑)

日本にはない色使い!
サーフスポットを求め、ワイルドキャンピングへ!!

道中出会った旅人に、おすすめサーフスポットがあると聞き、行ってみることに。iOverlanderでもワイルドキャンピングできる場所として、情報が載っていました。iOverlanderは本当神アプリ!!

が…前日の雨の影響により、道路状態は最悪。南北を結ぶ生命線のような幹線道路・国道1号線でこの状態だから、本当に驚く。道路の至るところで冠水、水はけの悪い下り坂の最底部は川のようになっていた。

日本だったら、ニュースになるレベル…

水たまりがそんなに深いとは思わず、夫が時速100kmで通り抜けようとしたところ、ハンドルを取られ、思いきり反対車線に飛び出し、危うく事故りそうに(泣)急ハンドルに長男は擦り傷、車内はギャーギャーと息子たちが泣き叫び、不穏な空気に。対向車が来てたら死んでたかも。こんな日に運転するべきじゃなかった…人生初のハイドロプレーニング現象。

ハイドロプレーニング現象とは?

バハカリフォルニアでよく目にしたこの標識。坂道注意の標識だと思っていたら、下り坂の底部が川のように流れているから注意して下さいという標識だった(笑)!

さらに危険は続く…

サーフスポットに向かうため、国道1号線を離れ、未舗装の道路を走ること約1時間。川のような大きな水たまり、陥没がそこ彼処に。

地割れのような陥没

途中スタックするんじゃないかと思うほどヤバい大陥没もあった(泣)先に進むのも地獄戻るのも地獄。誰1人通らない道。こんな場所でスタックしたら誰も助けには来てくれない。雨のバハは本当に危険だと身を持って思い知る日となった。

道路に突如牛が!
癒された〜ww

なんとか悪路を通り抜け、やっとの思いで辿り着いたビーチ!プライベート感満載!サーファーしか来ない野営地のため、好きな場所に駐車しました。

なんと、奥にも別のキャンピングカーが!

キャンピングカーを置いて1年以上このビーチで生活しているというアメリカ人のRileyさん。世界には面白い人が沢山いる!このビーチのことや中米の情報を教えてくれました。

翌朝、地元の漁師さんが朝獲れのロブスターを売り歩きに来た(笑)

初めてこんな立派な海老を調理しました!シンプルに塩のみで蒸し煮に♡ぷりっぷりの弾力で味が濃く美味しかった♪1匹100ペソ(約600円)でした。まさかバハでロブスターを食べられるとは!?

メキシコビール・Coronaと一緒に。

息子たち散髪。ツーブロック風に♪

ワイルドキャンピングでは、水と食料は万全にしておくと安心して滞在できます。我が家は天候の関係で、滞在が延びたため、水のタンク・飲料水がギリギリで心許無かった(笑)

こんな大自然の中に
トイレがぽつり

雨水を利用した青空シャワーも一応ありました(笑)

波が上がらず、残念ながら夫は波乗りできませんでしたが、3日間のんびりと満喫しました♪

行きに家族で絶叫した大陥没。乾燥していると以外と小さい…ww

ひゃ〜恐ろしい(泣)

無事に通過。ここを越えれば国道1号線はもうすぐ!

雨の時には見られなかった素晴らしい絶景が!!こんな場所を通っていたなんて!?

どこまでも続くサボテン群

↓バハカリフォルニアの絶景と鎌倉ローカルソングをお楽しみください♬(2020年3月23日追記)

ワイルドキャンピング〜パート2〜

今度は水と食料を万全にし、La pazから国道19号線を南下したLa Tinajaという場所にある超穴場ビーチへ。19号線からはビーチが見えないことと、Google上だとビーチまでの道がないため、地元の人にしかあまり知られていないようです。そんな場所に行くことができるのも、旅人情報とiOverlanderのおかげ♪綺麗な海に白い砂浜、反対には山々を望むことができ見渡す限りの大自然!

広い砂浜に続く小さな足跡

一瞬で身体を持って行かれそうな強烈なショアブレイクで、泳ぐことはできませんでしたが、息子たちは波打ち際で大はしゃぎ!

夕方になると、人もいなくなりビーチは貸し切り状態。息子たちと薪拾いして焚き火の準備。久しぶりの焚き火にテンション上がる〜♪

だんだんと空がピンク色に。

砂浜でお絵描きタイム!
可愛い太陽が完成

焚き火と夕日の色が見事にマッチし幻想的。プライスレスな時間♡

翌日、ステッカーに引き続き、今度はステンシルでキャンパーにメッセージを入れることに♪

『THINK GLOBAL. ACT LOCAL.』

世界規模で考える広い視野を持ち、足元からできることをしていこうという意味。子どもたちの未来がより明るいものになることを願って。

世界的に大きな問題となっている海洋プラスチック。世界では毎年800万トンものプラスチックゴミが海に流れ込んでいるという現実。今のペースで、プラスチックゴミが海に流れ続けると、2050年には海にいる魚全ての重量よりプラスチックゴミのほうが重くなると言われています。

ビーチを使わせてもらったお礼に、息子たちとビーチクリーンをしました。

たった20分で、このゴミの量。

連日の海遊び。奇岩が沢山あり、長男にとってはスリル満点の遊び場。『オッオッオッ』と何か聞こえると思ったら、野生のアシカ発見!

巨大な奇岩がこの日の遊び場
親子そろって大興奮!!
この岩場にアシカの群れがいました

引き波が怖い次男は避難!安全地帯から監視(笑)

無計画で来たバハカリフォルニアでしたが、まさかワイルドキャンピングするとは!?治安を心配していましたが、全体的に治安が良く、ビーチなど車中泊できる場所やキャンプ場も沢山あるので、泊まる場所には困りませんでした。バンやキャンピングカーで来るとのんびり楽しめる場所だと思います。また観光地化されていない場所が多いので、人も少なく、知られざる絶景が沢山ありました!

謎のかゆみに襲われる!!

穴場ビーチを離れた翌日、蚊に刺されのような異常な数の湿疹が!?数にして夫50ヶ所・長男30ヶ所近く!!蚊に刺されたにしては異常な数だし、短パンでいた私は数ヶ所、次男に至ってはゼロ。尋常ではないかゆみで、夫は夜寝られないほどでした…。

翌日、現地の薬局へ。Google翻訳を使いつつ、薬剤師に相談すると、とても親切に教えてくれました。おそらく“クラゲ”ではないかとのことで、写真のかゆみ止めを勧められました。クラゲってこんな腫れ方しない気もしますが…でもよくよく考えてみると次男は海に一度も入っていないので、クラゲか何か海で刺された可能性が高いです。とりあえず塗ってみたところ、数日でかなり良くなりました。大事に至らず良かった。後で調べたところプラモキシン(局所麻酔薬に使われる)と亜鉛が含まれたジェルで、子どもにも使えるし、幅広くかゆみ止めに使えるようです。

右はかゆみ止め
左は虫除けクリーム

メキシコ入国して約3週間ほどかけLa Pazに到着。無事にフェリーでメキシコ本土へ行くことができるのか!?

最後までお読みいただきありがとうございました。

4 件のコメント

  • ひでみちゃん、かずさん。
    読みました!すごいね〜!一緒に旅してる感じになってしまった。チリにはいくかなあ〜

    • ほのちゃんコメントありがとう♡ブログ見てくれて嬉しいです!チリには行く予定です。お友達はチリのどこに住んでる?場所によっては行けないかもしれないです(T-T)

      • ひでみちゃん、チリに住んでいる友達は、Los angelsて所にいるよ〜。無理なく。もし通過地点なら、連絡するしなんなく言ってね。彼はキャンプ場を経営してるみたい!

  • 鎌倉FMラジオの放送でMimiちゃんのお声を聞く事が出来なくて残念でした
    体腸不良、かゆみの洗礼は強烈でしたね
    もうすぐ嬉しいお正月、お年玉の準備OK
    早く回復して旅の続きを楽しんでください

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です